色々あるITアウトソーシングの紹介

アウトソーシングとは外部委託のことで、ITアウトソーシングはインターネットやコンピューターに関することを外部委託することです。人材不足や経費削減からアウトソーシングしますが、人事や経理のデータの入力出力することを委託することがほとんどです。国内であれば子会社、関連会社に委託することがほとんどですが国内だけというわけはありません。海外に委託することもあります。インドは世界最大のアウトソーイングの受け入れが多い国です。欧米からの受け入れが多いようです。ITアウトソーシングすることで人材不足や経費削減ができますが、IT以外の本来の仕事である営業や製造に集中することができます。外部委託することで経費は掛かりますが、それ以上に注文が増えて売り上げがふえるということが予想できます。

いろいろな業種がITアウトソーシングで依頼すること

イベントを一日開催する場合、それに参加する人への入場券の発送作業をITアウトソーシングで依頼することができます。その参加者に記入してもらったアンケートの入力、集計もITアウトソーシングで依頼することができます。それをもとにグラフ化や分析し、報告書とした形やデータ化した形でまとめることもできます。IT以外では受付やコールセンターなどで電話応対を依頼することやダイレクトメールなどの作成発送等です。そうすることでそれ以外の準備ができます。自社製品の販売や説明や製造に集中できます。つまり、コスト削減、生産性の向上、仕事の効率化を図ることが期待できます。準備には莫大な時間を必要としますが、事前に何を依頼するのか、費用はいくらなのかなど十分に打ちあわせすることが必要です。IT以外の部分を依頼することもできるので社員は本来の業務に集中できます。

ITアウトソーシングをしなかったら

社員が、名刺に書かれているデータを入力したり、ダイレクトメールを作るために沢山コピーをして宛先を出力して封入したりすることがあります。手が空いている時ならば社員にさせてもいいのですが、忙しいときにはそういうわけにはいきません。時には残業が発生することもあるかもしれません。それらが莫大な量であれば、アルバイトやパートをあらたに採用してやり方を教えるという手間がかかります。ITアウトソーシングで外部に依頼すれば煩わしいことは一気に解決します。関連会社や子会社の印刷会社に依頼するのであれば、ダイレクトメールの中身の印刷から封入を頼むことができます。宛先をデータで渡しておけば発送も頼むことができます。そうすることで社員は本来の自分の仕事に集中できます。事前に何をどのくらい依頼するのか打合せしてください。